2018年07月

乾燥肌対策で水分不足の解消

2018年07月31日
肌悩みや肌トラブルの対策には水分不足の解消が大切です。
つまり、乾燥肌対策です。

女性は身だしなみの一環としてもスキンケアは大変重要なもので、毎日欠かさず行っていると思います。美肌であれば、人前にでても自信がもてますね。
だから、肌トラブルを回避し、きれいなお肌を目指して肌のケアをしているという女性は大勢いるものです。
顔の皮膚をきれいに維持することは、女性にとってはとても大事なことですので、肌トラブルは回避したいものです。そのために大切なのが、乾燥肌対策です。

ですが、いつも乾燥肌対策のスキンケアを頑張っているのに、不意に肌トラブルになってしまうと、テンションは下降気味になり、人前に出たくなくなってしまいます。
肌の調子がいいか、肌トラブルが起きているかで、気持ちもあがったり、下がったりします。
普段から頑張ってスキンケアをしていても、顔の皮膚はとても繊細ですので、わずかなきっかけで肌トラブルが起きてしまうこともあると言われています。
何かと気を付けながら、乾燥肌対策のスキンケアをしているにも関わらず、様々な種類のトラブルが起きてしまうのが、女性の肌なのです。

肌トラブルには、にきび、しみ、毛穴の黒ずみだけでなく、肌のたるみや、しわなどもあります。大抵の肌トラブルは、お肌の水分が不足していることが原因です。
つまり、乾燥肌対策の失敗です。

乾燥肌対策で保湿ケアに力を注ぐことが、お肌のコンディション改善に役立ちます。水分が足りなくなると、外部の刺激から肌を守るバリア機能が低下して、外側からの刺激に過剰に反応するようになってしまいます。

水分の足りない肌は、表面に近い表皮の部分だけでなく、その下の層にまでトラブルの作用を受けるようになります。
加齢によって肌にはたるみやしみなど様々な肌トラブルが起きるようになりますが、いずれの場合でも、乾燥肌対策で保湿を十分に行うことを心がけましょう。

男性が女性と一緒に食事をすると食事量が増える

2018年07月16日
今回は、「男性が女性と一緒に食事をすると食事量が増える」という研究報告です。

米国のコーネル大学の研究チームが、

男性は女性と食事をすると食事量が増える傾向がある

その理由は、「女性を感心させるために」食べる可能性が高い

という研究結果を「Evolutionary Psychological Science」で発表しました。

調査は、食べ放題のイタリアンブッフェでランチを食べる成人105人を、2週間にわたり、こっそり観察して行ったそうです。

その結果、

1人以上の女性とともに食事をとる男性は、男性のみで食事をとる男性に比べてピザを93%、サラダを86%多く食べたとのこと。

一方、女性は、女性は女性同士でも男性と同席していても、同じ量を食べていました。

研究チームは、男性は、女性と一緒にいるときに過度に危険な食行動をとることで、自身の体力をアピールしている可能性があると話しています。

何とも興味深い結果ですが、私自身は全くこの心当たりはないのですが・・・

このメルマガを読まれた女性は、ご主人や恋人、お知り合いの男性と一緒に食事をする際に、食事の様子をチェックしてみては?

歩行速度を変えるウォーキングでカロリー消費をアップ

2018年07月13日
今回は、ウォーキングについてのお話です。

多くの方は、ウォーキングが体に良いことはご存知だと思います。
だから、アンチエイジングにも良く、エイジングケアで美肌になるにもプラスです。

そんなウォーキングですが、今回は、「歩行速度を変えるウォーキングが、カロリー消費をアップする」という研究報告です。

定期的にウォーキングを行うことは、健康法の1つとして良く知られています。
また、無理の無いカロリー消費のための運動の1つです。

しかし、同じ速度で歩くのが普通です。

今回の研究では、歩行速度を変えながら歩くことで、より多くのエネルギーを消費できることがわかったそうです。

今回の研究は、オハイオ州立大学の研究チームによるもので、医学雑誌「Biology Letters」に掲載されました。

研究は、トレッドミルを使って、歩行速度を変えたときのエネルギー消費量を測定した結果、
最大で20%のエネルギーを多く消費することがわかったそうです。

研究者は、歩行速度を変えると足に負荷が多くかかって、運動エネルギー消費がアップすると考えています。
また、もしより多くのカロリーを消費したいなら、不自然な方法で歩くことが良いとアドバイスし、

・バックパックを背負って歩く
・脚にウエイトをつけて歩く
・しばらく歩いたら止まるを繰り返す
・くねくねと曲がって歩行する

といった具体的な方法を挙げています。

ウォーキングなら、簡単にできますし、「しばらく歩いたら止まるを繰り返す」ならあまりに負荷も大きくなさそうです。

他の方法は、負荷が高いか、おかしい人?とも思われるかもしれませんね。

ちょっとした工夫がアンチエイジングやエイジングケアでは大切なことがわかりますね。
ぜひ、健康ボディとエイジレスな美肌を目指してくださいね。


プロフィール
管理者:一緒にスキンケアとヘルスケアを学ぼうね!
<< 2018年 07月 >>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
最新記事
リンク集