2018年06月

秋の花粉対策とエイジングケア

2018年06月22日

今回は、お肌とも関係のある「秋の花粉症」について情報提供します。

花粉は肌荒れの原因にもなるので、エイジングケア世代も注意したいですね。

皆さんの、秋の花粉症対策に、お役に立てれば幸いです。

秋の花粉症は、8月〜11月に起こります。
くしゃみ、ねばりの無い鼻水、眼のかゆみや充血、涙目が代表的な症状です。

お肌の症状としては、上のまぶたが赤くはれたり、カサカサになることがあります。
また、花粉のつきやすいあごから首に症状がでることも。

だから、外出後は清潔にすることが、エイジングケアやスキンケアの観点からも大切です。

花粉がついたかも?と思ったらシャワーや洗顔で早く対策しましょう。

また、その後にエイジングケア化粧品などで保湿を行って下さいね。

ただし、この時期に化粧品に敏感になってしまうこともあるので、「花粉症かも?」と感じたら、皮膚科やアレルギー専門の先生を受診しましょう。

<春と秋の花粉症、その違いは?>

春の花粉症と秋の花粉症の大きな違いは、その原因となる植物です。

春の花粉症といえば、スギ花粉が有名ですが、秋は、ブタクサ、大ブタクサ、ヨモギ、カナムグラなどの花粉が主な原因です。


ヨモギは、草地や土手で育ち、ブタクサ、大ブタクサ、カナムグラ荒地や道ばたで育ちます。

ご自身の花粉症がある場合、こうした植物に注意が必要です。

ただし、スギ花粉とは違ってこれらの花粉は、広範囲に飛散ません。

そのため、ご自宅や通勤範囲などの近くにこれらの植物が生育していなければ、あまり心配ありません。



<花粉症の検査は?>
血液検査、花粉エキスを使った皮膚テスト、涙でアレルギー反応をチェックする涙液検査などがあります。
不安のある方は、検査しておくことで、対策もできるので、受診してはいかがでしょうか。
ぜひ、この記事をエイジングケアにお役立てくださいね。

プロフィール
管理者:一緒にスキンケアとヘルスケアを学ぼうね!
<< 2018年 06月 >>
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
リンク集