2017年02月

顔のシミ

2017年02月13日
顔のしみは、どれだけ紫外線予防をしていても、できてしまいます。


顔にできてしまったシミは目立つので、すぐにでもシミを取ってしまいたいと多くの人が思うものです。

シミができるとわかっていても、全ての紫外線を遮断することは困難です。

人によっては、紫外線の影響を軽く見積もっているような人もいます。

うっかり日焼けしてしまうことで、シミができる場合もあるので、できる限り紫外線に当たらないように対策したいものです。

若い頃に浴びた紫外線が年を重ねることで影響が出てしまうこともありますので、年齢を問わず紫外線対策はした方が賢明です。


顔にできたシミ取りの手段として、美白成分配合の化粧品を用いるという人もいます。

この頃は、ハイドロキノンという成分が美白の効果が高いとして、化粧品によく利用されています。

ハイドロキノンという成分は、医療機関で処方してもらうこともできますが、市販の化粧品でも配合されているものがあり、手軽に入手できます。

ハイドロキノンは、ターンオーバーを促進することで、シミ取りの効果を発揮します。

ターンオーバーを整えることで、シミの原因となるメラニン色素を排出させることができ、古い角質も正常に剥がれ落ちるのです。

ターンオーバーを整える方法としては、正しい洗顔と保湿など基本的なスキンケアをしっかり行うことと、規則正しい生活を送ることが重要です。

顔にできたシミ取りを行い、白く美しいお肌になるためには、適度な運動や、体にいい食事、睡眠の確保、ストレス発散などを心がけ、健康づくりに力を注ぐことです。

エイジングケアとアンチエイジング

2017年02月04日
私はエイジングケアマニアなので、色んなことを調べています。

今まで、アンチエイジングやエイジングケアの情報をどれだけ調べたか、自分でもわからないほどです。

ウェブだけではなく、美容本などアマゾンでも売っている本は殆ど読みました。

また、ネットで評判のいいエイジングケアやアンチエイジングの本もたくさん読みましたが、1冊ですべてOKというものには出会えませんでした。

乾燥肌1つとっても内容が違ったり、肌質や肌タイプの分け方が違うなど混乱することも多いのです。

化粧品のことも色んな情報が入り混じっています。

化粧水、美容液、フェイスクリーム、洗顔料、クレンジングなど様々です。

なかなか深い所までの情報には出会えません。

オススメのエイジングケア情報





そこでオススメしたいのが、本気でエイジングケアを学ぶ「エイジングケアアカデミー」です。

このエイジングケアアカデミーで、「化粧品だけで肌を良くするは無理で、素肌の力を高めることが大事!」ということはわかってきました。

また、食べ物や睡眠など生活習慣を見直しこそがアンチエイジングやエイジングケアの第一歩であることもわかってきました。

さらに、 光老化を防ぐため、紫外線を予防することの重要性もそうですね。

紫外線による肌の老化を光老化と言いますが、長期間。慢性的な紫外線による肌のダメージが光老化です。

加齢で生理的な機能が衰えてくる普通の老化よりも、光老化の方が怖いって知っていましたか?

光老化は、シミ、シワ、くすみ、たるみ、ほうれい線、たるみ毛穴などを引き起こします。

日焼け止めはもちろん帽子やサングラスなど、日よけグッズも大切です。

アンチエイジングもエイジングケアも大切なのは、化粧品ではなくて予防なんですね。

お肌の老化の原因





さて、肌の老化の原因は、

紫外線によるダメージ

酸化や糖化によるダメージ

お肌の乾燥によるダメージ

女性ホルモンの減少

お肌が薄くなること

血管やリンパ管の衰え

です。

これらは、全て「細胞が老化」が原因であることがわかっています、

あたりまえですが、人のからだは、すべて「細胞」から成り立っています。

そして、お肌にも多くの細胞があるのです。

エイジングケアやアンチエイジングとは、細胞を若々しく維持することなのです。

老化が細胞で起こっているなら、まず、表皮、真皮、皮下組織から細胞に至るまで、お肌の仕組みをしっかりと理解することが大切であることがわかりますね。

さあ、あなたもエイジングケアとアンチエイジングを勉強しましょうね。

プロフィール
管理者:一緒にスキンケアとヘルスケアを学ぼうね!
<< 2017年 02月 >>
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        
最新記事
リンク集